あなたが知らない「何か」をわかりやすく。

タルシャンIT

Xperia XZ1 compactにAndroid 10(Q)を導入する方法

前回、Xperia XZ1 compactのルート化(厳密に言うとシステムレスルート)まで行いました。

https://talushan.com/xperia-xz1-compact-root-howto/

 

 

各自、技術基準適合証明(技適) をご留意ください。

手持ちの端末で動作確認はしていますが、保証する物ではありませんので、導入は自己責任でお願いします。

今回は、Android 10を導入するまでを紹介したいと思います。

TWRPの導入まで済んでいる前提で、進めたいと思います。

導入の流れとしては、LineageOS 17.1→GApps→Magisk→microG installer Revivesです。

(Magiskは今回の後半にいれるので、前回の手順を見られている方はまだいれてなくてもいいです。)


また、当ブログでは、様々なソフトウェアを紹介しています。

 

「Android 10」相当の「LineageOS 17.1」を導入する手順で、紹介していきますが、

「AOSP(Android Open Source Project)」、その他のカスタムROM(ロム)でも応用できると思います。


今回も導入までいくつか問題が起きましたので、私が対策した方法をシェアしたいと思います。

Lineage OS 17.1導入に向けて準備するもの

準備するために必要なものを集めました。

このチェックリストをみながら、足りないものをダウンロードいただければと思います。

(前回のものは省きます。)

チェックリスト

Lineage OS 17.1導入手順

OSインストール準備

まず、こちらより、「LineageOS 17.1」をダウンロードします。

ダウンロードしたものを、ファイルマネージャーなどによって、端末に解凍せず移します。

私はとりあえず、「Download」にいれました。


次に「BiTGApps」をダウンロードします。(最新はR2です。)

(OpenGAppsでも大丈夫だと思いますが、未検証です。)

この際、「/config/R2」の「.prop」ファイルもダウンロードします。

こちらはGoogleサービスを使用するなら必要なアプリ群となります。

こちらもダウンロードしたものを、ファイルマネージャーなどによって、端末に解凍せず移します。

.prop」ファイルだけは必ず端末の直下にいれておきます。

TWRPからインストールする

リカバリー領域にいれたTWRPから、LineageOSをインストールすることができます。

LineageOSをインストール

LineageOSをインストールしていきます。

端末の電源をオフにして、リカバリーモードに入ります。(電源キー+ボリュームダウンキー)

TWRP (Team Win Recovery Project) の画面が表示されます。

先に「マウント」をタップして、「System」にチェックを入れます。

まずは、Android内のデータを綺麗にするため、「消去(Wipe)」をタップします。

(TWRP起動直後の画面の「Select Launguege」、あるいは「Settings-地球マーク」から言語選択できるので、以後日本語で説明します。)

「高度な消去」から、

「Dalvik / ART Cache」、「System」、「Cache」、「Data」にチェックを入れます。

「内部データ」にチェックを入れないよう気をつけてください。

下のスライドバーに「スワイプで消去」とあるので、スワイプして実行します。

終わったら再起動をタップしないでください。

そしてバックボタン等により、Team Win Recovery Projectの最初の画面に戻ります。

「/sdcard/Download」に事前にいれたファイルがあることを確認します。

つぎに「インストール」をタップします。

「lineage-17.1~〜〜.zip」を選択します。

「ZIPの署名確認」にチェックをいれます。

下のスライドバーに「スワイプで書き込みの確認」と書かれているので、スワイプします。

するとLineageOSのインストールが始まります。

しばらく待ちます。

画面上部の「ZIPのインストール」に「成功」と表示されており、ログの最後にも「…完了」と表示されていれば正常にインストールが完了しています。

「システムを再起動」をタップすると画面上部に「再起動」– 「Install TWRP App?」 と表示されており、

「Prompt to install TWRP app if not installed」

「Install as a System App」

と2つの項目にチェックが入っていますが、念のため2つともチェックを外し、

「インストールしない」をタップします。

システムが再起動されます。

丸が右から左へバーの上を通りすぎていきます。

Androidとは違う演出で可愛いですね。

5分ほど待つと、LineageOSが立ち上がるはずです。

待っても立ち上がらない場合は、もう一度インストールからやり直してみるといいかもです。

(ここで、私はひっかかりました。結局、最初に「消去」をせず、システムデータにゴミが残ってしまっていたのが問題だったようです。)

立ち上がったら最小限のセットアップを済ませて、電源オフにします。

GAppsをインストール

ボリュームダウンキー、電源キーでリカバリーモードにはいります。

次に、Googleサービスを利用したいので、GAppsをインストールします。

LineageOSをインストールする手順と同様に、進めていきます。

「インストール」をタップします。

「BiTGApps〜〜〜.zip」を選択します。

こちらは「ZIPの署名確認」にチェックはいらないです。

下のスライドバーに「スワイプで書き込みの確認」と書かれているので、スワイプします。

GAppsのインストールが始まります。

こちらでは「ZIPのインストール」「成功」の画面表示で、「Cacha/delvikの消去」を選択します。

しばらく待ちます。

画面上部の「ZIPのインストール」に「成功」と表示されており、ログの最後にも「…完了」と表示されていれば正常にインストールが完了しています。

「システムを再起動」をタップすると画面上部に「再起動」– 「Install TWRP App?」 と表示されており、

「Prompt to install TWRP app if not installed」

「Install as a System App」

と2つの項目にチェックが入っていますが、念のため2つともチェックを外し、

「インストールしない」をタップします。

システムが再起動されます。

Googleのセットアップ画面になるので、お好きなように設定していきます。

これでLineageOSとAndroid 10の導入が完了です。

お疲れ様です。といいたいところですが、2020年3月現在、GPSに不具合があるようで、そのままだとGPSをうまく掴んでくれません。調整が必要です。

LineageOSのセットアップ

以下では、使える形に調整していきます。

Magiskをインストール

こちらからZipファイルをダウンロードします。

そして、端末に解凍せず、移しておきます。

「Magisk」をインストールします。

LineageOSでシステム領域を上書きしているという性質上、「Magisk」は後からインストールする必要があります。

「インストール」からGAppsの手順と同様に進めていきます。

ここでは、「Dalvik / ART Cache」でキャッシュのゴミを消すというのがミソです。

「インストール」が完了したら、再起動してAndroidのホーム画面に行きます。

アプリのドロワーを確認すると「Magisk Manager」があると思います。

これで「Magisk」の導入ができました。

microG installer Revives

mircoGがメンテナンスされていないのが原因という情報を得て、

Magiskモジュールである「microG installer Revives」をインストールしてみました。

Gms Coreをインストールするのが目的です。

まず、こちらからzipファイルをダウンロードして端末にいれます。

「Magisk Manager」アプリを開きます。

「メニューバー」の「モジュール」より、「+」をタップします。

「microG installer Revives」を探します。

ダウンロードマークをタップします。

インストールを選択して、インストールを開始します。

終わったら再起動します。

「Google Maps」などで位置情報を捉えていることを確認します。

お疲れ様でした。

Xperia XZ1 compactにAndroid 10導入のまとめ

LineageOS 17.1を導入手順を紹介しました。

ご参考にされてはどうでしょうか。

当ブログでは、様々なソフトウェアを紹介しています。

ご興味があれば、是非!