Xperia XZ1 compactにAndroid 10(Q)を導入する方法

Xperia XZ1 compactにAndroid 10を導入する方法Android

前回、Xperia XZ1 compactのルート化(厳密に言うとシステムレスルート)まで行いました。

Xperia XZ1 compactをルート化する方法
Xperia XZ1 compactをルート化する方法を紹介します。(今回紹介する内容は、他の機種でも応用がきくと思います。)また、当ブログでは、様々なソフトウェ...
注意
  • 各自、技術基準適合証明(技適) をご留意ください
  • 手持ちの端末で動作確認はしていますが、保証する物ではありませんので、導入は自己責任でお願いします。

今回は、Android 10を導入するまでを紹介したいと思います。

TWRPの導入まで済んでいる前提で、進めたいと思います。

導入の流れとしては、LineageOS 17.1→GApps→Magisk→microG installer Revivesです。

(Magiskは今回の後半にいれるので、前回の手順を見られている方はまだいれてなくてもいいです。)


また、当ブログでは、様々なソフトウェアを紹介しています。

ソフト
「ソフト」の記事一覧です。




「Android 10」相当の「LineageOS 17.1」を導入する手順で、紹介していきますが、

「AOSP(Android Open Source Project)」、その他のカスタムROM(ロム)でも応用できると思います。


今回も導入までいくつか問題が起きましたので、私が対策した方法をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

Lineage OS 17.1導入に向けて準備するもの

準備するために必要なものを集めました。

このチェックリストをみながら、足りないものをダウンロードいただければと思います。

(前回のものは省きます。)

チェックリスト
スポンサーリンク

Lineage OS 17.1導入手順

OSインストール準備

まず、こちらより、「LineageOS 17.1」をダウンロードします。

[ROM] LineageOS 17.1 UNOFFICIAL - 1.4 (Update: 2020-08-09)
LineageOS 17.1 for Sony Xperia XZ1 Compact RELEASE This is an alternative ROM for the Sony Xperia XZ1 Compact. It offers several privacy features and F-D…

ダウンロードしたものを、ファイルマネージャーなどによって、端末に解凍せず移します。

私はとりあえず、「Download」にいれました。


次に「BiTGApps」をダウンロードします。(最新はR2です。)

(OpenGAppsでも大丈夫だと思いますが、未検証です。)

この際、「/config/R2」の「.prop」ファイルもダウンロードします。

こちらはGoogleサービスを使用するなら必要なアプリ群となります。

BiTGApps/BiTGApps
The main repository of The BiTGApps Project. Contribute to BiTGApps/BiTGApps development by creating an account on GitHub.

こちらもダウンロードしたものを、ファイルマネージャーなどによって、端末に解凍せず移します。

.prop」ファイルだけは必ず端末の直下にいれておきます。

TWRPからインストールする

リカバリー領域にいれたTWRPから、LineageOSをインストールすることができます。

LineageOSをインストール

LineageOSをインストールしていきます。

端末の電源をオフにして、リカバリーモードに入ります。(電源キー+ボリュームダウンキー)

TWRP (Team Win Recovery Project) の画面が表示されます。

先に「マウント」をタップして、「System」にチェックを入れます。

まずは、Android内のデータを綺麗にするため、「消去(Wipe)」をタップします。

(TWRP起動直後の画面の「Select Launguege」、あるいは「Settings-地球マーク」から言語選択できるので、以後日本語で説明します。)

「高度な消去」から、

「Dalvik / ART Cache」、「System」、「Cache」、「Data」にチェックを入れます。

「内部データ」にチェックを入れないよう気をつけてください。

下のスライドバーに「スワイプで消去」とあるので、スワイプして実行します。

終わったら再起動をタップしないでください。

そしてバックボタン等により、Team Win Recovery Projectの最初の画面に戻ります。

「/sdcard/Download」に事前にいれたファイルがあることを確認します。

つぎに「インストール」をタップします。

「lineage-17.1~〜〜.zip」を選択します。

「ZIPの署名確認」にチェックをいれます。

下のスライドバーに「スワイプで書き込みの確認」と書かれているので、スワイプします。

するとLineageOSのインストールが始まります。

しばらく待ちます。

画面上部の「ZIPのインストール」に「成功」と表示されており、ログの最後にも「…完了」と表示されていれば正常にインストールが完了しています。

「システムを再起動」をタップすると画面上部に「再起動」– 「Install TWRP App?」 と表示されており、

「Prompt to install TWRP app if not installed」

「Install as a System App」

と2つの項目にチェックが入っていますが、念のため2つともチェックを外し、

「インストールしない」をタップします。

システムが再起動されます。

丸が右から左へバーの上を通りすぎていきます。

Androidとは違う演出で可愛いですね。

5分ほど待つと、LineageOSが立ち上がるはずです。

待っても立ち上がらない場合は、もう一度インストールからやり直してみるといいかもです。

(ここで、私はひっかかりました。結局、最初に「消去」をせず、システムデータにゴミが残ってしまっていたのが問題だったようです。)

立ち上がったら最小限のセットアップを済ませて、電源オフにします。

GAppsをインストール

ボリュームダウンキー、電源キーでリカバリーモードにはいります。

次に、Googleサービスを利用したいので、GAppsをインストールします。

LineageOSをインストールする手順と同様に、進めていきます。

「インストール」をタップします。

「BiTGApps〜〜〜.zip」を選択します。

こちらは「ZIPの署名確認」にチェックはいらないです。

下のスライドバーに「スワイプで書き込みの確認」と書かれているので、スワイプします。

GAppsのインストールが始まります。

こちらでは「ZIPのインストール」「成功」の画面表示で、「Cacha/delvikの消去」を選択します。

しばらく待ちます。

画面上部の「ZIPのインストール」に「成功」と表示されており、ログの最後にも「…完了」と表示されていれば正常にインストールが完了しています。

「システムを再起動」をタップすると画面上部に「再起動」– 「Install TWRP App?」 と表示されており、

「Prompt to install TWRP app if not installed」

「Install as a System App」

と2つの項目にチェックが入っていますが、念のため2つともチェックを外し、

「インストールしない」をタップします。

システムが再起動されます。

Googleのセットアップ画面になるので、お好きなように設定していきます。

これでLineageOSとAndroid 10の導入が完了です。

お疲れ様です。といいたいところですが、2020年3月現在、GPSに不具合があるようで、そのままだとGPSをうまく掴んでくれません。調整が必要です。

LineageOSのセットアップ

以下では、使える形に調整していきます。

Magiskをインストール

こちらからZipファイルをダウンロードします。

Releases · topjohnwu/Magisk
The Magic Mask for Android. Contribute to topjohnwu/Magisk development by creating an account on GitHub.

そして、端末に解凍せず、移しておきます。

「Magisk」をインストールします。

LineageOSでシステム領域を上書きしているという性質上、「Magisk」は後からインストールする必要があります。

「インストール」からGAppsの手順と同様に進めていきます。

ここでは、「Dalvik / ART Cache」でキャッシュのゴミを消すというのがミソです。

「インストール」が完了したら、再起動してAndroidのホーム画面に行きます。

アプリのドロワーを確認すると「Magisk Manager」があると思います。

これで「Magisk」の導入ができました。

microG installer Revives

mircoGがメンテナンスされていないのが原因という情報を得て、

Magiskモジュールである「microG installer Revives」をインストールしてみました。

Gms Coreをインストールするのが目的です。

まず、こちらからzipファイルをダウンロードして端末にいれます。

nift4/microg_installer_revived
Install microG GmsCore, GsfProxy, FakeStore and DroidGuard Helper to /system/priv-app - nift4/microg_installer_revived

「Magisk Manager」アプリを開きます。

「メニューバー」の「モジュール」より、「+」をタップします。

「microG installer Revives」を探します。

ダウンロードマークをタップします。

インストールを選択して、インストールを開始します。

終わったら再起動します。

「Google Maps」などで位置情報を捉えていることを確認します。

お疲れ様でした。

Xperia XZ1 compactにAndroid 10導入のまとめ

LineageOS 17.1を導入手順を紹介しました。

ご参考にされてはどうでしょうか。

当ブログでは、様々なソフトウェアを紹介しています。

ご興味があれば、是非!

ソフト
「ソフト」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました