パソコンでのVPNの設定、接続方法のまとめ

パソコンでのVPNの設定、接続方法のまとめVPN

みなさんはVPNはご存じでしょうか。

パスワードのかかっていない、何者とも知れない無料Wi-Fiだと、

ネットショッピングなどが心配ですよね?


そんな悩みの助けになれると思っています。

しかし、慣れていないとVPNの設定に難儀するのが現実だと思います。

今回はSoftEtherを利用して、Windows(Server)、Androidでの双方の設定方法をまとめました。

スポンサーリンク

VPNとは?

まず、VPNとはなにかというと...

VPN(バーチャル プライベート ネットワーク)

インターネット(本来は公衆網である)に跨って、プライベートネットワークを拡張する技術、およびそのネットワークである。VPNによって、イントラネットなどのプライベートネットワークが、本来公的なネットワークであるインターネットに跨って、まるで各プライベートネットワーク間が専用線で接続されているかのような、機能的、セキュリティ的、管理上のポリシーの恩恵などが、管理者や利用者に対し実現される。

wikipediaより引用(最終更新 2020-02-02 13:11:56)

となります。


簡単に絵にすると、

下図のように仮想のトンネルを作り、直接つながっているように振る舞えます。

VPNトンネル
スポンサーリンク

VPNの導入のメリット・デメリット

VPNの導入のメリット・デメリットについてみていきましょう。

VPNの導入のメリット

  • 基本的には安全に通信可能
  • 外部から遠隔でアクセスできる
  • 拠点内の通信のように振る舞える

VPNの導入のデメリット

  • 設定によっては情報漏えいの可能性がゼロではない
  • 通信速度が遅い場合もある

VPNの導入に必要なモノ

VPNを導入するためにはサーバー、クライアントが必要となります。

VPNのサーバー

VPNのアクセス先になります。

つまり、親元となります。

今回はWindows Server 2019で設定していきますが、

Windows 10でも同様に設定できます。

また、常に電源がはいっている必要があります。

VPNのクライアント

VPNでアクセスする端末となります。

つまり、固定電話でたとえるなら、

親機がサーバーで、

家の中ならどこでも使えるような、子機がクライアントといえます。

今回はAndroidスマホで設定していきます。

VPNの導入方法

以下の手順で迷わずに接続できるようになると思います。

SoftEtherインストール

まずは、Windows(サーバー側)にSoftEtherをインストールします。

VPSを導入している場合、事前にアクセスできる状態する必要があります。

VPSの設定方法はこちら

https://talushan.com/conoha-vps-windows-server/

こちらからSoftEther本体はダウンロードできます。

SoftEther VPN プロジェクト - SoftEther VPN プロジェクト




ダウンロードする際、下図のように選択してください。

ダウンロードするファイルは最新のもので大丈夫でしょう。

SoftEtherダウンロードセンター



インストールするものは一番上のものでOKです。

SoftEther VPNサーバーインストール

ガイドに沿って進めていくと、SoftEtherがインストールされます。

VPNサーバー設定

SoftEtherのインストールが終わったら、

次はサーバー側の設定を引き続き進めていきます。

SoftEther VPNサーバー管理マネージャ

「接続」をクリックします。

SoftEther VPNサーバー管理マネージャ



パスワードを決めて、入力します。

クライアント(今回はAndroidスマホ)から、

接続するときに必要になりますので、パスワードは覚えておいてください。

「OK」を選択して、入力を確定します。

SoftEther VPNサーバー管理マネージャ2

SoftEther VPN Server / Bridge 簡易セットアップ

「リモートアクセスVPNサーバー」にチェックを入れて、

「次へ」をクリックします。

リモートアクセスVPNサーバー



すると下図のようなダイアログがでるので、

仮想HUB名を決めます。

(ここでは「VPN」としています。)

簡易セットアップ

後述しますが、〜〜@「VPN」 の部分に当たります。

決めたら、「OK」をクリックします。

ダイナミック DNS機能

ダイナミック DNS(DDNS)機能を設定していきます。

他の利用者と重複しなければ、ダイナミックDNSホスト名は、

自由に決めることができます。

VPN接続する際、記載されているグローバルIPv4アドレス or DDNSホスト名、

こちらも必要になります。

ダイナミックDNS機能

IPsec / L2TP / EtherIP / L2TPv3 サーバー機能の設定

Android等を接続する場合、一番上だけチェックをいれます。

IPsec 共通設定は

今回は説明のため、「talushan」としています。

IPsec / L2TP / EtherIP / L2TPv3 サーバー機能の設定

VPN Azure サービスの設定

こちらはわからなければ、無効でOKです。

VPN Azure サービスの設定

簡易セットアップの実行

「ユーザーを作成する」を選択します。

簡易セットアップの実行-ユーザを作成する




ユーザー名を入力します。

今回は「talushan1」としました。

こちらはクライアント(今回はAndroidスマホ)からアクセスする際に必要な情報になります。

なお、認証方法は匿名認証にして、パスワードは空欄にします。

(でないと、クライアントからアクセスできません。)

さいごに、「OK」をクリックして確定します。

簡易セットアップの実行-ユーザーの新規作成

仮想HUBの管理

ここまでの設定でAndroidからアクセスすることは可能ですが、

セキュリティが心配なので、さらに設定していきます。

まず、「仮想HUBの管理」をクリックします。

仮想HUBの管理




「仮想NATおよび仮想DHCPサーバー機能」をクリックします。

仮想NATおよび仮想DHCPサーバー機能



「SecureNAT機能を有効にする」をクリックします。

SecureNAT機能を有効にする




選択したら、グレーに変わるので、「閉じる」で戻ります。

リスナーの管理

リスナーの管理

新規作成を選択して、

  • 500
  • 4500

を追加してください。

もともと入っているもののうち、

メールサーバー等に使用しないのであれば、

  • 992
  • 1194
  • 5555

は削除して問題無いと思います。

2〜3個程度の使用にとどめておく方が良いようです。

OpenVPN / MS-SSTP設定

「OpenVPN / MS-SSTP設定」をクリックします。

OpenVPN_MS-SSTP設定



チェックが付いていれば外します。

OpenVPN / MS-SSTP設定2

これで、サーバー側の設定は終わりです。

VPNクライアント設定

つぎにクライアント側の設定を行っていきます。

Androidで設定していきます。

VPN設定を開きます。




入力していきます。

名前欄は自由に決めていただいて結構です。

以降の設定は私がサーバー設定で入力した内容になります。

  • タイプ - L2TP/IPSec PSK
  • サーバーアドレス - 「IPアドレス」 or 「DDNSホスト名」
  • IPSec事前共有鍵 - 「talushan」
  • ユーザ名 - 「talushan1@VPN」
  • パスワード - 「最初の方に決めた管理者パスワード」

見切れていますが、詳細オプションをチェックすると出てくる、

転送ルートは、「0.0.0.0/0」です。

最後に「保存」を押します。

VPNの接続

設定したVPNを選択すれば、接続できます。

VPNが接続失敗する場合

VPNが接続失敗する場合は、原因は以下の2パターンが考えられます。

  • セキュリティソフトでブロックされている
  • 仮想化ソフトが外部ネットワークと直接つながっていない

このうち、下の仮想化ソフトのパターンは実際、管理人がはまったものになります。

解決策が見つからなかったため、

ご存じの方がいらっしゃれば、

こっそりご教示いただけると幸いです。

VPN設定のまとめ

接続できましたか?ご参考になれば幸いです。

通信の傍受の心配が少なくなるので、非常におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました