CocoonでAdSense(アドセンス)を好きなところに貼る方法

CocoonでAdSenseを好きなところに貼るブログ

Cocoonでのアドセンス自動広告の貼り方を、以前紹介しました。

CocoonでのAdSense(アドセンス)自動広告の貼り方
AdSenseの審査を通過した、そこのあなた、おめでとうございます!AdSenseの審査通過のメールが届いてから、実際に広告が配信されるまで、数時間〜半日のタイム...

今回、Cocoonにおいて、アドセンスを好きなところに貼る方法を紹介していきます。

当然ながら、ブログのアドセンス審査を通過している方が対象となります。


2020年3月現在、アドセンスにおいて、リンクユニット広告は廃止になっています。

しかし、こちらの方法を使用すれば、リンクユニット広告も、記事に載せることができます。


結論からいうと、アドセンス設定の広告コードにユニットのコードを挿入してあげるだけです。

目次の手順で進めていきます。

それではいってみましょう。

(目次の項目をクリックして観たい手順に飛んでください。)

スポンサーリンク

Cocoonでアドセンスを好きなところに貼る下準備

まず下準備をする必要があります。

ヘッダーに貼っていたコードの削除

審査時にヘッダーにコードをいれていたのであれば、そのコードを削除しておきます。

「審査が終わったらコードを削除しておくべき」と色んな記事で書かれているのは、

コードが残っていると、今回の設定を行っても自動広告が優先されて広告を出すためです。

(Cocoon公式サイトにも書いてありますね。)

ユニットのコードを取得する

まず、AdSenseの管理画面にはいります。

Google AdSense - ウェブサイトを収益化
Google AdSense を使用してウェブサイトを収益化しましょう。広告のサイズは自動的に最適化され、表示とクリックが促進されます。

「広告」-「サマリー」-「広告ユニットごと」に行きます。

ディスプレイ広告を選択します。




広告ユニットの名前は自由です。

おすすめは、サイト名ですね。

  • ディスプレイ広告のプレビュー:スクエア
  • 広告サイズ:レスポンシブ

であることを確認して、「作成」を選択します。




「コード生成ツール」の画面になるので、ここのコードをコピーしておきます。

コピーしたら「完了」を選択します。

追記

アドセンス表示方式は「自動広告」と「好きなところに貼る」で

選択式になりました。

ここで、自動広告もついでにオフにしておきましょう。

これでアドセンスの設定は終わりです。

スポンサーリンク

実際にアドセンスを好きなところに貼る

Cocoon側の設定方法を以下で解説していきます。

Cocoon設定でアドセンスコード貼り付け

まず、「Cocoon設定」を選択します。

「広告」タブを選択します。

Cocoon設定-広告タブ



「アドセンス設定」-「広告コード」に、

先ほどコピーしたコードを貼り付けます。

アドセンス設定-広告コード

まずは、画面下部の保存を選択します。

注意

保存ができないのであれば、ファイアーウォール設定を見直してみてください。

ConoHa WINGであれば、サーバー側のWAFでブロックされていると思います。

リンクユニットの出し方

ここまでできたら、後は簡単です。

フォーマットを選択するボックスで、リンクユニットを選択するだけです。

(リンクユニットはリンク上部に「スポンサー検索」と表示されるため、

広告ラベルを非表示にしています。)

Cocoonでアドセンスを好きなところに貼るのまとめ

ヘッダーに自動広告をいれたままだと、アドセンスが自動で広告を出してくれます。

確かに優秀ですが、マニュアルで出したいときには困ります。


Cocoonでアドセンスを好きなところに貼るには、

今回紹介した方法を使用すれば、思い通りに表示させることができます。

今回の方法を活用して、広告位置を試行錯誤してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました