CocoonでのAdSense(アドセンス)自動広告の貼り方

Cocoonでのアドセンス自動広告の貼り方ブログ

AdSenseの審査を通過した、そこのあなた、おめでとうございます!

AdSenseの審査通過のメールが届いてから、

実際に広告が配信されるまで、数時間〜半日のタイムラグがあります。

Javascriptコードの場所があっているか不安になりますよね?

そんなあなたに、いくつか貼り方がありますので、紹介していきます。

Cocoon(コクーン)でのAdSense(アドセンス)の貼り方ですが、

他のワードプレスのテーマでも参考になるかと思います。

追記

こちらの方法だと、広告の位置の制御がほとんど効きませんので、

広告の最適な位置を探す場合、手動で設定する方法がおすすめです。

こちらが参考になります。

CocoonでAdSense(アドセンス)を好きなところに貼る方法
Cocoonでのアドセンス自動広告の貼り方を、以前紹介しました。今回、Cocoonにおいて、アドセンスを好きなところに貼る方法を紹介していきます。当然なが...
スポンサーリンク

ブログ環境

管理人の環境は以下のようになります。

今回紹介する方法では、

使用しているテーマ、レンタルサーバーは異なっていても、

ファイル階層は参考になるかと思います。

  • 親テーマ:Cocoon ver.2.0.9.4
  • 子テーマ:Cocoon Child ver.1.1.0←PHP編集はこちらで作業していきます
  • レンタルサーバー:ConoHa WING
  • ブログサービス:WordPress ver.5.3.2
  • PHP ver.7.4

▽cocoonの詳細はこちら▽

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。
注意点

「子テーマのPHPを編集する。」場合、

親テーマでなく、子テーマを編集してください。

(テーマのアップデートが配信されるたびに、コードを入れ直す羽目になります。)

よくわからなければ、Cocoon設定よりヘッダーにコードを入れる方が良いかと思います。

スポンサーリンク

AdSense(アドセンス)自動広告の貼り方

「AdSence(アドセンス)自動広告」の

Javascriptコードの貼り方には、

2種類あります。

以下で紹介する内の1つを選択して、採用してください。

  • 方法1:Cocoon設定から行う。
  • 方法2:子テーマのPHPを編集する。

方法1で、保存が効かない場合は、ファイアーウォールなどの設定を見直してみるといいです。

ConoHa WINGの場合、「サイト管理」 - 「サイトセキュリティ」 - 「WAF」で、

ブロックされているか確認できます。

WAFは、「Web Application Firewall」の略です。

方法1:Cocoon設定から行う。

  1. 「Cocoon設定」にはいります。
  2. 「広告」タブを選択します。
Cocoon設定-広告



広告コード欄にコードを入力します。

広告が表示されるようになります。

広告コード挿入場所

方法2:子テーマのPHPを編集する。

まず、ConoHa WINGであれば、

コントロールパネルにログインします。

ログイン|VPSならConoHa
ConoHaのVPSはひと月535円から。最新CPU搭載、超高速SSDを採用した、高性能なのにかんたんに使えるVPSです。今だけお得なキャンペーンも実施中。



「サイト管理」で編集するサイトを選択したら、

「ファイルマネージャー」を選択します。

ファイルマネージャー




ファイルマネージャーにはいったら、

public_html/(あなたのブログドメイン)/wp-content/themes/cocoon-child-master(子テーマ)/tmp-user/

の階層にある「head-insert.php」を編集していきます。

head-insert.php



ここで、ワンポイント。

右クリックの「ファイル編集」から、

ブラウザ上で書き込むことができます。(バックアップは取った方がいいです。)

ちなみに、私がよく使うのは、「ACE Editor」です。

ACE Editorの場所



管理者にも広告を表示させるのであれば、

(Chrome拡張機能で、クリック無効などの対策をしておく必要はあります。)

<?php if (!is_user_administrator()) : 〜〜

にAdSenseの自動広告コードをいれてください。

自動広告コード

最後に忘れず、保存をしてください。

広告が表示されるようになります。

AdSense(アドセンス)自動広告の表示方法(おまけ)

広告-オート

アドセンスの表示方法は、

図のようにチェックボックスで、表示位置をある程度制御することができます。

ただし、「オート(AdSenseにおまかせ)」にした場合には、

アドセンスが広告位置、個数を最適化するので、

想定外の位置に表示されることがあります。

また、アドセンスの規約上、広告ラベルのチェックは、

付けておいた方が良いと思います。

AdSense(アドセンス)自動広告の貼り方のまとめ

今回ご紹介した方法で、

Cocoon設定、もしくは子テーマのPHPを編集することで、

自動広告が出るようになります。

これで、あなたもブログ収益化へと一歩進んだことになりますね。

ご参考にされてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました