Rank Tracker(ランクトラッカー)の特徴・使い方を解説

Rank Tracker(ランクトラッカー)の特徴・使い方を解説ソフト
あなた
あなた
  • RankTrackerってなに?
  • なんで検索順位を調べるの?
  • RankTrackerの料金が知りたい!
  • RankTrackerの使い方を知りたい!
  • 機能面はどうなの?他との差が知りたい!
タルシャン
タルシャン

解説を一緒にみていきましょう!

この記事を読んでいるあなたは、ブログで稼ぎたいけどうまくいかないと悩んでいませんか?

「Rank Tracker」を買おうか迷っているけど機能面とかもう少し知りたいと思っていませんか?

使い方だけでなく、

こんな悩みを解消できますので、一緒に詳しく見ていきましょう!


私が厳選した検索順位チェックツールはこちら

検索順位チェックツール厳選4つを紹介します!【SEO対策】
あなたは、検索順位を確認するツールをお探しかと思います。検索順位チェックツールは、SEO(検索エンジン最適化)対策を行うためには、必須と言えるツールです。...
スポンサーリンク

Rank Trackerとは?

ベラルーシ共和国のミンスクにある

「Link-Assistant.com」により、

2005年にリリースされたソフトです。

統合パッケージである、「SEO PowerSuite」のうちの1製品となります。


Rank Trackerがどんなツールで、どんな特徴があるか気になると思いますので、

以下でさらに解説していきます。

Rank Trackerはどんなツールか?

「Rank Tracker」は検索順位を確認するためのツールとなります。

また、「なぜキーワードの検索順位を調べる必要があるのか?」というと、

SEO(検索エンジン最適化)対策するためです。

あなた
あなた

SEO対策でキーワードプランナーや、Google Search Console(グーグルサーチコンソール、またはサチコ)を毎日みているんだけどなぁ...

タルシャン
タルシャン

(いま、あなたの脳内に直接語りかけています...)

キーワードプランナー、サチコをみているだけでは甘い!

それだけじゃ甘いです。甘々です!!!!

確かにキーワードプランナーで検索数は見れます。

キーワードごとに毎回確認の工数大変ではないですか?


サチコで検索順位は確認できます。

でも、グーグルのクローラーが検索順位を確認してくれるのは、平均で24時間置きですよ?

下手したら、もっと遅いこともありますよ?


手動で、全てを調査していたら日が暮れると思います。

サイトが育ってきたらなおさらです。



私も経験者だから、「有料は嫌だよ、無料で使えるアナリティクスとサチコでいいや」って気持ちは痛いほど分かりますよ。

私は、以前は準備をおろそかにしていたばっかりに「無駄な努力をしていた」と後から気がつきました。

(ひとつあげるとすれば、狙っていたキーワードのボリュームが少なすぎたんですよねぇ...)

「時間をお金で買う」って考えにシフト(切り替え)しなければ、近い将来、後悔すると思いますよ。


有名ブロガーさんの中で、ツールを使ってない方を、私は知りません...

はやい段階で導入がおすすめですよ。


SEO対策のためには、大きく分けて、以下の4つがあります。

  • キーワードの検索ボリューム
  • 検索上位のドメイン強度
  • 競合が狙っているキーワード
  • サイトの検索順位確認

この4つを踏まえて、「どんなキーワードを狙うか?」などと戦略を立てる必要がありますね。

すべてを一括で管理できるツールが「Rank Tracker」なんですよ。




なお、ブログでアクセス数を伸ばす、そして成果につなげるためには、

これらを避けたほうがいいですよ。

  • 検索ボリュームが全くない
  • 成果につながらないキーワード
  • 競合が強すぎる(レッドオーシャン)

つまり、「準備をしない」のは、「勝負に出る前から負けている」と同じということです。

それほどまでに、検索順位チェックツールは重要なツールといえます。

Rank Trackerの特徴

Rank Trackerの特徴は、おおまかに分けると以下の物があります。

  • アナリティクス、サチコと連携
  • スケジュール設定して、毎日ランキング確認
  • キーワード順位の確認
  • キーワードのグループ分け
  • キーワードにタグ付け
  • 競合他社の確認

細かい箇所まで挙げるとキリがないので、以上の6つをざっくりと解説していきます。

アナリティクス、サチコと連携

Google Analytics(グーグルアナリティクス)、サチコと連携します。

サチコのデータから、ランクインしているキーワードを抽出してくれます。

アナリティクスのデータから、トラフィック、バックリンクを知ることができます。

一括でRank Tracker上でみれるのがいいですね。

スケジュール設定して、毎日ランキング確認

スケジュール設定をすることで、自動的に検索エンジンのランキングチェックをしてくれます。

もちろん、手動で確認することもできますよ。

キーワード順位の確認

検索順位チェックツールなので、

当然、キーワード順位を確認してくれます。


ただ検索順位を調べるだけでなく、

競合性、検索ボリュームを一括で確認できたり、

フィルターで、気になるものだけに絞ったり、

柔軟な対応ができるツールなんですよ。

キーワードのグループ分け

キーワードをグループに分けたり、タグをつけることができます。

キーワードが多いと、整理しきれないですよね...

そんなときにグループを分けて管理できますよ。

キーワードにタグ付け

「グループにするほどじゃないけど、狙い目」なワードを、

簡単に後から確認したい。

そんなときは、タグ付けがおすすめですよ。

競合他社の確認

後述しますが、プロ版であれば、1サイトにつき5社まで競合他社を追跡できます。

競合のドメイン強度を調べたり、競合がランクインしているキーワードのチェックができます。

スポンサーリンク

Rank Trackerの料金プランについて

Rank Trackerの料金プランには、3プラン存在します。

料金、性能で各プランを比較したいと思います。

料金で比較!

プランフリープロフェッショナルエンタープライズ
料金年額0円 13,571円32,292円
月額1,131円2,691円

※3月24日現在の為替レート()で計算しています。



無料のフリープランだと、プロジェクトの保存ができません。

パソコンやアプリを落としたら、

毎回初期設定を、再設定しないといけないのがすごくめんどうです。

また、エンタープライズはオーバースペックなので、

ブロガーさんなら、「プロフェッショナル」が最適だと思います。


なお、ソフトを無料ダウンロードすると、10日間、エンタープライズ版を試用できます。

まずは、無料で試してみてから、有料プランに加入でもいいかもしれませんね。




なお、1年後の更新料は以下の通りとなります。

長期にわたってブログ運営するのであれば、同様のツールの中で安く運用できます。

期間

プロフェッショナル

エンタープライズ

1ヶ月

1,615円

3,775円

6ヵ月

6,475円(=月額1,079円)

16,195円(=月額2,699円)

12ヶ月

9,715円(=月額810円)

21,595円(=月額1,800円)

24ヶ月

14,035円(=月額585円)

32395円(=月額1,350円)

36ヶ月

17,275円(=月額480円)

41,035円(=月額1,140円)

性能で比較!

性能面で比較した表がこちらになります。

こうしてみると、フリープランだとプロジェクトの保存ができないので、

プロフェッショナル以上でないとダメですね。

プランフリープロフェッショナルエンタープライズ

料金 (税抜)

(月額換算)

0円

13,571円/年

(1,131円/月)

32,292円/年

(2,691円/月)

期間

無制限

1年間

1年間
URL数無制限無制限無制限
検索語数無制限無制限無制限
SEOチェックデータ保存×
競合他社と比較(社)1510

スケジュールで順位チェック

×

SEOレポート

レポートを印刷×
自動スケジュールレポート配信××

PDF、.txt、.html、.csv、.sql

でのデータのエクスポート

××
クリップボードにデータコピー×

Rank Trackerの導入方法

まず、導入の流れから解説します。(有料プラン)

  • Rank Trackerをダウンロード
  • 有料プランに加入
  • プロダクトコード入力

この流れで行うのがスムーズです。


ソフト自体は無料でダウンロードできます。

プロダクトコードを購入することで、有料プランの機能のロックが解除されるイメージですね。

Rank Trackerをダウンロード

まず、Rank Trackerをダウンロードします。

Rank Tracker公式サイト

名前とメールアドレスを入力して、「RANK TRACKERをダウンロードする」を選択します。



質問に答えていきます。(英語表示のままであれば、Chromeの翻訳機能がおすすめです。)

SEO PowerSuiteへようこそ



  1. 参加する(SUBMIT)を選択します。
  2. 保存を選択します。

Windowsであれば、exeファイルをダウンロードできると思います。

Rank Tracker保存

ダウンロードが終わったら実行ファイルを開いてインストールします。

注意点

以下は、Rank Trackerとは別ソフトなので、使用しないのであればチェックを外しましょう。

  • WebSite Auditor
  • LinkAssistant
  • SEO SpyGlass

有料プランに加入

まず、「注文(Order)」を選択します。

プランを選択したら、「今すぐ登録(SUBSCRIBE NOW)」を選択します。

今すぐ登録




「今すぐチェックアウト(CHECKOUT NOW)」を選択します。

今すぐチェックアウト



注文方法を選んだら、必要事項を入力していきます。

クレジットカードだけでなく、PayPalや銀行振込もできるのは安心ですね。

さいごに「ORDER NOW」を選択します

RankTracker_ORDER_NOW

登録したメールアドレスにプロダクトコードが送られてきます。

プロダクトコード入力

まず、「ヘルプ-情報を登録...」を選択します。(Macなら)



  • 登録者
  • 登録キー

を埋めたら、「OK」を選択します。

これで、プロフェッショナルの機能が使えます。

RankTrackerの使い方・設定方法

この章では使い方・設定方法を一緒にみていきましょうか。

プロジェクト・キーワードを設定

「ターゲットキーワード」-「ランクトラッキング」を開きます。

ランクトラッキング

こちらから、キーワードの検索順位を知ることができます。

キーワードを追加したい場合は、「キーワードの追加」からできます。

スケジュール設定

スケジュール設定はデフォルトではオンにはなっていません。

なので、以下の手順で有効にする必要があります。



まず、「環境設定 - スケジューラー...」を選択します。

次に「追加する」を選択します。

タスクを追加する

ドメイン強度やランキングチェックなどのうち、

どれかひとつを選択します。

タスクの種類の選択

選択した以外のその他のものもチェックする場合、

別でスケジュール設定する必要があります。

タブをカスタマイズする

タブ(ワークスペース)は「+」を選択することで、増やすことが可能です。

今回、私の設定をひとつ紹介したいと思います。

「狙い目だと思った」キーワードにタグをつけています。

タブ内だけでランキングチェックできたりもします。

競合のキーワード分析

競合の強みのキーワードを確認することができます。

競合のトップページ分析

競合のトップページがどうなっているか簡単に見ることができます。

Rank Trackerのまとめ

まとめると、

プロフェッショナル版以上のプランを使用することで、ブログ運営がラクできるということです。

ご参考にされてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました