【まだWindowsで疲弊しているの?】Parallels Desktopの魅力、評判は?

Parallels Desktopの魅力、評判は?ソフト

あなたはパソコンは何を使用されていますでしょうか?

私はMacBook Proをメインに使用しています。

「スタバでMac」に憧れるけど、Windowsでしか動かない年賀状ソフトなどがあり、

なかなか踏み出すきっかけがないということが多いと思います。

そんな方におすすめしているのが、今回紹介する

「仮想化ソフト」のひとつである「Parallels Desktop」となります。

先にお伝えしておくと、3Dゴリゴリなファイナルファンタジー、PSO2などのゲーム、

3D-CADを検討されている方は、自作PCやMac Proの導入を考えた方が良いかと思います。

スポンサーリンク

Parallels Desktopの特徴

こちらのソフトは「仮想化ソフト」のひとつです。

仮想化ソフトとは?

本記事での仮想化ソフトとは、

物理環境をソフトウェアで仮想的に構築し、

その上にOSをインストールし、コントロールする、

ソフトウェアを指します。

仮想化ソフトの注意点

ひとつ注意して欲しいのは、仮想化ソフトは、

ハードウェアをエミュレートするだけなので、

Windowsのライセンスは別途用意する必要があります。

仮想化ソフトの種類は?

Macに絞っても仮想化ソフトにはいくつか種類がありますが、

代表的なものを紹介していきます。

  • VisualBox
  • Parallels Desktop
  • VMware Fusion

があります。

仮想化ソフトの比較

前提として、BootCampからの移行でそれぞれ考えてみたいと思います。

この場合、Parallels Desktopだと、

数量限定の乗り換えアップグレード版からお得に乗り換えることができます。

表で気になる比較ポイントをまとめました。

仮想化ソフトVisualBoxParallels Desktop 15VMware Fusion 11.5
BootCampからの移行難しい簡単簡単
ライセンス数無制限1台3台
料金無料6,000円9,939円

複数台のMacで使用する場合は、VMware Fusionの方がいいかもしれないです。

※VMware Fusionは記事作成現在、通常版のオンラインストアの価格です。

※Parallels Desktop 15は記事作成現在、乗り換えアップグレード版のAmazon.co.jpの価格です。

仮想化ソフトでできることは?

WindowsやLinuxをインストールすることができるので、

  • サーバー構築前のテスト環境を作成
  • Windowsアプリケーションを動かす

といったことができます。

スポンサーリンク

Parallels Desktopの評判は?

ここで、昔使っていた、私の感じたことをお話しします。

それがそのまま、「評判はどうか?」の証明になると思っています。

まず、Leopard(macOS 10.5)の頃は、

正直に言って、重くて常用に耐えるものではなかったです。

なので、途中でBootCampに浮気していました。

その頃のバージョンは忘れてしまいましたが、(8とかだったかな?)

バージョンを現在では15まで重ねていることもあり、

久しぶりに使ってみると「サクサクに生まれ変わっているな」と

感じました。

Parallels Desktopを使ってみた。

実際に、使ってみました。

Parallels Desktop 15で、Windows 10を仮想化して、

検索順位チェックツールGRCを動かしてみました。

Mac上で、Windowsを動かしていることもあり、

  • CPU、メモリー駆動率が上がる
  • CPU温度が上がる
  • 排熱ファンがうるさくなる

このようなことが、起きました。

GRCで順位チェック中といった負荷がかかる状況で、

上記の症状が顕著に表れていました。

しかし、少しコマ落ちはしますが、軽いゲームまでは動く印象です。

また、Proプラン以上でないと、ネットワークはホスト(Mac)経由なので、

色々試してみましたが、VPNは使用することが出来ないようです。

こちらに関しては、私は、Proプランでないため、Proプランだとどうかは未検証です。

Parallels Desktopのまとめ

さいごにまとめると、

Parallels Desktopは仮想化ソフトのひとつで、

Windowsアプリケーションが必要なMacユーザにとって、

必須ツールであるということです。

まだこちらのツールをもっていないあなたは、

こちらの記事を参考に、検討されてはいかがでしょうか。

それでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました